この曲を聴け!
沢田研二
MyPage

沢田研二
モバイル向きページ 
解説 - 沢田研二
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. メタルKEISHOU ★★ (2009-12-31 16:46:00)

去年還暦だったジュリー。
今でも、年に1枚のペースでアルバムを発表して、ツアーしています。
曲調も相変わらずロケンロールしていて、矢沢永吉だけじゃないよと私ゃ言いたいぞ!!




2. 部下 ★★ (2010-08-22 11:07:00)

還暦ライブ、母のお供で大阪ドーム公演見ました。
6時間の長丁場をこなすスタミナに圧倒されましたよ。
ライブのラストが大好きな「愛まで待てない」だったのには感激した!



3. 名無し ★★★ (2014-04-08 12:27:50)

ここ3年は、「3月8日の雲」「Pray」「3年想いよ」と4曲入りのミニアルバム
をリリースし、詩の内容が全部東日本大震災からの復興や原発反対に関連しています。
勿論作詞はジュリー自身です。



4. 名無し ★★★ (2015-07-04 23:41:13)

今年も3月11日に「こっちの水苦いぞ」という4曲入りミニアルバムをリリースし、
相変わらず、東北地震の悲劇とそれに対する政府の冷たい対応に対しての批判を繰り広げる歌詞ですが、4曲目の「涙まみれfire figter」は近年のジュリーでは、秀逸なヴォーカルメロディが聴けます。



5. 名無し (2017-05-19 23:44:27)

以前ラジオの文化放送でジュリーと志村けんに局アナの吉田涙子の3人がパーソナリティとして出演していたその名も「ジュリケン」というタイトルの番組が有りました。
確か1時間番組で毎回2つ(だったかな?)の話題を吉田アナが二人に振って、二人がトークするというスタイルの番組だったと思います。
土曜日の午前中だったと記憶していますが、ラジオだから緩くかつ面白いトークを毎度展開してくれ、よく聞いていました。
番組開始がいつ頃だったかは、途中から聞き始めたので解りませんが、2002年には間違いなく聞いていました。
何故なら、当時のジュリーのニューアルバム「忘却の天才」の収録ナンバーを何曲かエンディングでかけていたからです。
アルバムは勿論持っていますが、当時54歳になる年だったジュリーが忘れっぽくなっても良いじゃん、今が良けりゃってなんか開き直った歌詞を歌っており、ああジュリーもだんだんおじさんになってきているんだなあと実感していたからです。
そういう私ももうすぐ59歳になりますがね。
メタルけいしょう娘のパソコンより


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示