この曲を聴け!
UNITED
MyPage

UNITED
モバイル向きページ 
解説 - UNITED
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 帰ってきたクーカイ ★★★ (2017-05-02 01:06:51)

 14枚目のスタジオ・アルバム。
 思えばこのバンドも随分長い旅路を経て現在に至っている。私は4thを聴いた後途中下車し、本格的再始動の前作から再び乗り込んだある意味不真面目な客なので、このバンドの不遇な時代をスルーしている。前作も「良いんだけれど、なんかちょっと、こう・・・」みたいな感じで、結局今に至るまでコメントしていない(今後する可能性はある)。

 そんな私だが、本作は「これ良いから聴いてみて」と素直な気持ちでお勧めできる。
 バンドも吹っ切れたかのように、良い部分を出し惜しみしていない。変に2ndに寄せていくこともしていないような気がするし。好きで得意な事を一所懸命やったら出来上がりました、という感じ。

 このバンドは気の毒なことにいきなり2枚目で最高傑作をスルンと生み出してしまった。しかもそれが、その手の音楽をあまり評価しない時代に。そのため一部の(あるいは一部の国の)メロディックHR愛好家を除きスルーされたという過去を持つ。時代が時代だったら、ものすごい売り上げがあってもおかしくないくらいに全曲名曲揃いの奇跡的なアルバムであったのに。
 悪いことに大概傑作を発表すると、それがそのバンドのベンチマークとなる。皆、それと同等のものや上回るものを求める。
 でも、そんなに大傑作って生み出せない。当たり前のことだけど。

 で、本作については「2ndと比較して」なんてことはすでにどうでも良くなっている。個人的には。あれはもう別格だから。
 しかしながら、アルバムの雰囲気や聴いている時の気持ち良さは、近いものがあるんだな。これが。ハーモニーがビシバシ決まるし、フックも随所に仕込まれているし、良い曲が並んでいるし。
 前作と違って、早い曲やスローな曲やハードな曲やバラードを、上手に並べて緩急つけている。実力派投手が変化球とストレートを絶妙に配球し、三振の山を築いていく気持ち良さが本作にはある。

 断言しましょう。名盤です。




2. ヤングラジオ ★★★ (2017-05-11 20:35:57)

恐らく、多くのファンが求めるこのバンドの理想形に、限りなく近い内容の新作である。
ある意味、名作と呼ばれる2ndよりも楽曲の平均値は高いかも知れない。
分厚いコーラスを多用したサウンドはダイナミックだし、なんせ彼らにずっと欠けていた躍動感が復活した事が何より嬉しい。

楽曲は、2ndのようにストレートには展開しない。
でも、それは単純に2ndの再現を試みていない事を表しており、故に僕の評価が高い理由でもある。
楽曲はよく練られているし、同時に集大成的な要素を多分に含んでいる。
決してダークではないけれど、3rdの良さが分かる人にもアピール出来る内容であると思う。

もしこれで評価されないなら、バンドは何処へ向かっていけば良いのだろう。
僕は、結構お気に入りである。
焦点を絞れば、名作は生まれるのである。




3. たか坊 ★★★ (2017-05-19 23:32:27)

聴いていて、2ndのおびに書かれていた『足りないのは名声だけ!』を思い出した。
もはや匠の域、全曲に本気を感じさせる。
いまのこの時代に、こんなにも素晴らしい曲に出会えるなんて!!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示