この曲を聴け!
COZY POWELL
MyPage

COZY POWELL
モバイル向きページ 
解説 - COZY POWELL
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. エビフライ ★★ (2003-06-25 13:55:00)

今さらだけど、何で死んじゃったんだろう。ジョンボーナム、ランディローズ、など本当の天才って短命だよな、、、コージーのドラムに何度勇気づけられたことか!きっと天国でボンゾとレースの話でもしているのかな?



2. STORMBRINGER ★★ (2004-01-13 17:38:00)

俺は世界中のドラマーでたぶん一番コージーパウエルが好きです。なんで死んじゃったんだよ~(泣)!



3. Hideo ★★ (2004-03-10 15:48:00)

コージー見たさにYngwieのLiveを見に渋谷に行きました。
コージーはケガをしてるので来日してないとの案内。
??と思ったまま、Liveを見ましたがさっぱり内容に記憶がありません。
その後、亡くなったとの知らせ。
残念です。とても悔しかったです。
コージーは本当にかっこよかった....



4. rudd ★★ (2004-08-16 20:23:00)

私も「ドラム叩きたい!」と思わせてもらったのは彼でした。そのフレーズも
ですがやはりプロモビデオで見たあのシンバルの叩き方・・結局マネできません
でしたが・・・(外人含めて真似しようとしていて出来ている人見た事ない!)
死去のニュースを雑誌で偶然見て「詳しくはインターネットで」と言う記事に
即日パソコンを買おうと店に走った記憶があります・・・。



5. トミ ★★ (2005-02-20 19:24:00)

高校生のころレインボーのドラマーとして知って以来、ずっと好きだった。なにしろ誕生日が同じということで彼には特別な何かを感じてた。いつか彼とセッションをするというほとんど不可能な志を抱きながらドラム以外の楽器(ベースギター)を選択したのに、とうとう本当にかなわぬ夢で終わったな。誰か俺に背中でコージーを感じさせてくれないか。



6. エビフライ ★★ (2006-12-04 16:58:00)

コージーパウエルが何故凄かったか、、、、
1 とにかく音がでかい。
2 元祖ダブルバス。
3 メチャメチャ早い。
4 腕が完璧にポパイ。
5 仕事をして来たメンツがハンパじゃ無い。
コージーは凄かった!ヤマハのドラムセットがまた凄いやつだった。
26インチの最強のダブルバスとドラム缶の様なスネアから叩き出された
音は旋律の極致だった。
私には「ブラスト」とか言われている可愛い小技はどうでも良い。
コージーをはじめビルワード、ジョンボーナム、リーカースレイク等
が107mmのパラワンオオヒラタクワガタなら最近のメタルドラムは
ゴキブリかカマドウマみたいな者だ。
昔ラヂオで聴いたレインボウの「レイジー」は凄かった!
あのイアンペイスの高速ドラムをコージーならではの必殺のシャッフル
ダブルバスで光速でプレイしていた!
スピード狂でも有名なコージーはジェフベックとも仲が良かった。
リッチー、トニー、ブライアン等とにかく素晴らしいメンバーと
仕事をして来たコージーがある雑誌のコメントで述べていた。
「俺は練習はしない。緊張感が無くなるからだ、、、」
「伝統あるブラックサバスで仕事が出来て本当に光栄だ」
私は思った。彼がドラムキットに座った瞬間はF1レーサーと同じ
感覚なんだと。
更にこれだけ有名所と仕事をして来た彼でも「ブラックサバス」との
仕事が人生で最高だったとは、、、
「サバス」と言うより「トニーアイオミ」との仕事が最高だったの
かもしれない。
全てのメタラーよ、コージーのドラムで全身を五寸釘で貫かれてくれ!
雨上がりの空に「虹」がかかってものんびり眺めている場合ではない。
何故なら「キルザキング」と言う史上最強のメタルチューンが待って
いるからだ。このドラムこそがコージーパウエルなんだ。
今存在している疾走系の曲は全てコージーの模倣だ。
しかし私は模倣が悪いとは思わない。素晴らしいものに影響を受けるのは
当然の事であろう。
だが、いかにもコージーっぽいドラマーでも彼のスピード感は出せていない。
厳密に言うとコージーのダブルバスは左右でチューニングが違う。
ただ単に「ドコドコ」している訳ではない。そしてあのドラム缶スネア
である。あそこまでパンパンに張ったスネアドラムを光速で叩くテクニック
とパワー(ポパイ)は凄い。ジョンボーナムの緩いスネアとは対極であろう。
私のNo1ドラマーはサバスのビルだがハードロックにおけるコジージーの
業績は計り知れない。インストでのコージーもかっこ良かった。
ソロは勿論、MSGでのプレイは素晴らしいものであった。
「イントゥジアリーナ」のライヴはレインボウでのプレイを遥かに超えて
いました。



7. 押し寿司 ★★ (2009-01-09 03:21:00)

コージー大好き人間です。はっきり言って
ドラムが歌ってる。
こんなメロディアスなドラムは聴いた事が無い。
↑の方と同じように「キル・ザ・キング」はコージーの名曲。目茶苦茶カッコイイ。
しかも、あのデカイ、ダブルバスをノーミュートって・・・。
有り得ん・・・。
そして、あの固いスネアから繰り出される、超ド派手なヘビードラムは凄い。
ボンゾもあのドラミングは真似出来ないであろう。
一生リスペクトします。
今年でコージーも11回忌。今彼は天国で何してるんだろうか・・・。



8. 夢想家・I ★★★ (2012-04-05 22:40:45)

今月号のBURRN!誌のポスター、コージー・パウエルでした。
メタル聴き始めの頃、有名なミュンヘンのブートビデオで観たコージーはただ叩いているだけなのに圧倒的な存在感! そして "Still I'm Sad" のソロタイムでの "1812" でのあまりのカッコ良さに目が釘付けになったあの衝撃が今も忘れられません。
今日が命日だし、もう14年になるんですね。

「OVER THE TOP」聴いて寝ます。




9. 名無し ★★★ (2012-09-02 21:04:54)

いろんな事できるプレーヤーなのに、名前がクレジットされたアルバムでは、「COZY」の役を自ら演じていたと思います。よくコージーのことを「下手くそ」「テクなし」などと言う人がいますが、同じサイズのSETで叩いてみ!音ならないし、手が届かない!!
鳴らしてなんぼのドラマーですよCOZYじゃないとああいうバランスにならない!レギュラーグリップでもリストが強いのかガンガンならしている。真似ができないドラマーの一人です。
しかもあれだけのセッション活動に呼ばれるということは他のプレイヤーが演奏しやすいドラミングをしていた証拠ですね。



12. モトロック ★★★ (2016-09-04 01:18:52)

Cozy良いですね!!! 演ってる音楽も良いけど、趣味が盆栽だったり、バイクだったりと。記憶では70年代はBMW R100RS、80年代はHonda CB1100R、その後NR500も手に入れたような気がします。
多くの方が絶賛されているキル ザ キングですが、それと同じ位タロットウーマン、スターゲイザー、A Light〜も痺れますね! アルバムはこっちが先ですので---。特にタロットウーマンはイントロのKeyの終わりでリズムインする時のドラムフィルがたまりません(^^) 一音一音、一打一打に存在感があり過ぎです。当時としてはパワーとスピード感は最高ですね。あと何と言ってもフレーズの格好良さ。ツーバスだけならCアピスやフィルシーテイラーなど他にも積極的に取り入れてるドラマー居ましたがフレーズの格好良さは抜きん出てましたね。静と動のメリハリの付け方なども凄い好きでした。ライブでのキャッチ ザ レインボウなど静かな中間部からエンディングへ入って行くところ(ミステリーテッドも同様ですね)などいつ聴いても鳥肌ものです。
Cozy入門者の方は、どうしてもRainbowに耳が行ってしまいがちですが、是非他のアルバムも聞いて下さい。Jベック、MSG、Wスネイク、Bサバス、あと忘れちゃいけないのがEL&Powell。ライブを聞くと器用に変拍子を叩いています。
バスドラムにはバンド名は入れずにいつも自分の名前を入れる、本当カッコいいですね(^^)



13. モトロック ★★★ (2016-09-04 16:13:49)

書き漏らしがあったので、追記させて頂きます。
既にマニアの方が書かれているかも知れませんが、Cozyの特徴としてシンバルのセッティングが左右に振り分けられている事があげられます。左右から前方まで適度に分散させないと叩きにくいと思うのですが。本人曰く、前方に置くと観客から自分の顔が見えないから! と言う理由だそうです。大昔のインタビュー記事で読んだ覚えがありますね。しかしタムタムを多数置いてるわけじゃないし----(Nマクブレインなどは確かに見えないですね!)ま〜顔が見えないからってのもあるんでしょうけど、左右に完全に振り分ける事でオーバーアクションになり演奏上の見栄えもするからってのが、より正しい表現でしょうか。例えてみれば、長嶋茂雄さんの1サイズ大きいヘルメットみたいな感じで、ミュージシャンでありエンターテイナーでもあったのでしょう。
あとは服装でしょうか。後期はレザージャケットを着てる事が多かったようですが、MSGあたりまでは、着飾る事なく、ほとんど普段着じゃないのかって格好でステージに上がってる写真や動画をよく見ました。Rainbow最後のステージ、80年8月のモンスターズ オブ ロックでも何の変哲もないごく普通のポロシャツでビックリしたものです。ま〜中身も外見も着飾らない正直な人だったのだと思います。そういった所がやはり好きなんですよね!!!


発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示