この曲を聴け! 

新規発言(全項目, 24H以内) - 13件
Sabbath Crosses: Tributo Argentino a Black Sabbath / V.A. (VARIOUS ARTISTS) / OMNIBUS (失恋船長)
Tormenta eléctrica / RATA BLANCA (失恋船長)
Borderline / Gypsy Queen / Reika (失恋船長)
Return to Your Town / Gypsy Queen / Reika (失恋船長)
Gypsy Queen / Reika (失恋船長)
NECROPHAGIST (名無し)
NECROPHAGIST (名無し)
Epitaph / Epitaph / NECROPHAGIST (名無し)
Three Lock Box / SAMMY HAGAR (MK-OVERDRIVE)
El camino del sol / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA (火薬バカ一代)
El beso de la bruja / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA (火薬バカ一代)
Mujer amante / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA (火薬バカ一代)
Re:オフ会っていうか (ムッチー)
PC向けページ

外部リンク
登録されている5曲を連続再生 - Youtube



新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)
Sabbath Crosses: Tributo Argentino a Black Sabbath / V.A. (VARIOUS ARTISTS) / OMNIBUS  →YouTubeで試聴
Various ‎– Sabbath Crosses Tributo A Black Sabbath
アルゼンチンのBlackstar Crosses Productionsというレコード会社からリリースされたトリビュートアルバム。
レーベル所属のアーティストを中心とした作りになっていますが、それ以外にもアルゼンチンの至宝Rata Blancaがゲストにグレン・ヒューズを迎えたり、当時はソロだったBarilariが楽曲を提供したりと、気になるメンバーも揃い、選曲の無難さも手伝い。アルゼンティーナなメンツがサバスの名曲をどう料理するかに興味を湧きますよね。
以下参加メンバーと収録曲です

1.Nativo - War Pigs
2.Barilari - Heaven And Hell
3.Plan 4 - TV Crimes
4.M
…続き
失恋船長 ★★★ (2017-08-24 19:02:29)

Tormenta eléctrica / RATA BLANCA
自動登録が出来なくて、タイトルだけ自主的に入れ登録&コメントも入れたと完全に思っていたラタブランカの自主制作による最新アルバム。輸送費の関係で、ついでの同じスペインのLords of Blackの1stを手に入れたので凄く記憶にある。同時期に登録したような記憶もあるんだけどなぁ…老いは怖いわ。ごみ箱にすらないもんね。色んな意味で凄くショックです。
とクソヌルい戯れ言からスタートしますが、相変わらずのリッチー、インギースタイルのギターを軸とした情熱的様式美サウンドが炸裂。さらにはAC/DC風のスタンダードなメタルアンセムもあったりと、アルバム全体におけるキャッチーさは過去最高とも言え、このクオリティが自主制作とは残念極まりない気分ですね。メチャクチャ流通が脆弱ですもん。
少々バリラーリが粗めの歌唱スタイルに終始しているなぁという点は気になりますが、概ね彼らが求められている音楽性
…続き
失恋船長 ★★★ (2017-08-24 18:28:51)

Borderline / Gypsy Queen / Reika
ハードなギターが耳を惹きますね
こうなると歌の弱さが気になります
タイトなスケジュールのレコーディングかと推察されますが
安定感のある演奏ですね
失恋船長 ★★★ (2017-08-24 18:07:50)

Return to Your Town / Gypsy Queen / Reika
ポジティブですよね
健康的なハードサウンドがなんだか物凄く懐かしいです
中盤のインストパートは中々男前な仕上がりですね
バンドとしてのあるべき姿なんでしょう
失恋船長 ★★★ (2017-08-24 18:06:30)

Gypsy Queen / Reika
レイカという女性シンガーをデビューさせたかったのか、福村BabaChan高志を中心とした京都人脈と言われる、ほぼほぼRajasだしX-Rayなメンバーが揃いレコーディングを敢行。楽曲提供まで行い完全バックアップ体制をとっての新人としては豪華なラインナップによる1992年作のデビューミニアルバム。手練手管のメンツからなる魅力はハードポップスタイルのオープニングナンバー『Return to Your Town』から見事に炸裂。適度なエッジを伴ったハードギターとソフトな装飾を纏うキーボード、良く歌うベースと福村のドラミングの相性は抜群の相乗効果を生みだし、歌を邪魔しない手応えのあるハードサウンドで勝負を掛けてきています。演歌にも通ずる和のテイストが出過ぎるが故の古臭さやに時代性を思いっきり感じますが、やはりレイカ嬢のパフォーマンスが聴き手の判断基準となるでしょうね。硬い歌い回しと余裕のなさ、そ
…続き
失恋船長 ★★★ (2017-08-24 18:04:03)

NECROPHAGIST
個人的にはNecrophagistはマニア向けの音楽であってほしい。
欧米デスメタル界では有名だが、日本ではCryptopsyみたいに有名になるべきではないと思っています。それは彼らの音楽性が物語っている。知り合いにも苦手な人いるけど、綺麗なテクニック重視のデスメタルは西欧向けだから、有名になれば日本では悪い評価が立ちそう。あんなに凄い技術なのに。

ギター/ヴォーカルを務めているMuhammad Suiçmezの言葉数の少ない凶悪なグロウルはかっこいいとしか言いようがなく、感情的なネオクラシカル系のギターソロには心を動かされた人も多いのではないだろうか。何よりもこのような難解な音楽の作曲センスには驚くばかりです。

元ギタリストのChristian Muenznerは1日に8〜9時間練習する実力派です。彼は演奏の上でSteve VaiやMarty Frie
…続き
名無し ★★★ (2017-08-24 17:01:03)

NECROPHAGIST
個人的にはNecrophagistはマニア向けの音楽であってほしい。
欧米デスメタル界では有名だが、日本ではCryptopsyみたいに有名になるべきではないと思っています。それは彼らの音楽性が物語っている。知り合いにも苦手な人いるけど、綺麗なテクニック重視のデスメタルは西欧向けだから、有名になれば日本では悪い評価が立ちそう。あんなに凄い技術なのに。

ギター/ヴォーカルを務めているMuhammad Suiçmezの言葉数の少ない凶悪なグロウルはかっこいいとしか言いようがなく、感情的なネオクラシカル系のギターソロには心を動かされた人も多いのではないだろうか。何よりもこのような難解な音楽の作曲センスには驚くばかりです。

元ギタリストのChristian Muenznerは1日に8〜9時間練習する実力派です。彼は演奏の上でSteve VaiやMarty Frie
…続き
名無し ★★★ (2017-08-24 16:49:23)

Epitaph / Epitaph / NECROPHAGIST  →YouTubeで試聴
この曲は、ムハンマドが作曲したと思われているが実はクリスチャン作曲で、ギターソロではモロに彼の持ち味が現れてる。何かの手違いでムハンマド作曲として広まったらしい。
名無し ★★★ (2017-08-24 16:12:33)

Three Lock Box / SAMMY HAGAR
前作から僅か10箇月後の82年11月にリリースされたソロ7作目、GEFFEN3部作の中では2作目。前作に続いてKEITH OLSENプロデュースの本作、大人しい? 地味? メタル耳に嬉しいキラーテューンが際立つ前後の作品に比べたら確かにそうだろう。一方でUSチャートでは3作中最高の17位に付けているところから、当時のアメリカ人にはこの路線が最も支持されたということが言える。疾走していなくともSAMMYのメロディアスハード若しくはハードポップは、聴いていて爽快な気分になれる安心のブランドなのだ。
MK-OVERDRIVE ★★★ (2017-08-24 08:38:57)

El camino del sol / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA  →YouTubeで試聴
まさしく「これぞアルゼンチンのRAINBOW!」という
ミスティック且つドラマティックな大作ナンバー。
どうしたって“STARGAZER”の影がちらつきますが、
中東的な雰囲気を纏った本家に対し、こちらはスペイン語の歌詞もあってか
マヤやインカ、アステカといった中南米で栄えた太古の文明に
思いを馳せたくなるエキゾチックなムードに溢れています。
イングヴェイを彷彿とさせる猛烈な速弾きを炸裂させる
ヴァルテル・ヒアルディーノのGプレイも聴きモノですよ。
火薬バカ一代 ★★★ (2017-08-24 00:21:44)

El beso de la bruja / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA  →YouTubeで試聴
“SPOTLIGHT KIDS”や“FIRE DANCE”といった
後期RAINBOWを思わす疾走感と、
巻き舌バリバリのスパニッシュ・メタルの哀愁とが
合体を果たしたアルバムのハイライト・ナンバーの一つ。
火薬バカ一代 ★★★ (2017-08-24 00:15:04)

Mujer amante / Magos, espadas y rosas / RATA BLANCA  →YouTubeで試聴
曲調的には“STREET OF DREAMS”に触発されて書かれたであろうことは
明かなのですが、そこにスペイン語によるバリラーリの情熱的な歌い回しと
本家より3割増しで哀愁が増強されたメロディが乗っかることで
RATA BLANCAならではの魅力が付与されているではないでしょうか。
歌心を感じさせるリッチー・テイスト溢れるGソロも実に胸に沁みます。
火薬バカ一代 ★★★ (2017-08-24 00:08:23)

Re:オフ会っていうか
お~、それはいいですね!
もしやれるのならば、自分もぜひとも参加したいです。
同じく幹事はできないので、どなたか奇特な方にお願いできればと思いますが。
ムッチー (2017-08-23 22:26:30)


MyPage