この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 8件
Livin' on a Prayer / Slippery When Wet / BON JOVI (ANBICION 11)
A Searcher's Symphony / ...In the Arms of Decadence / KYRIE ELEISON (F-sharp)
Garlands / Garlands / COCTEAU TWINS (名無し)
Holy Rage / HOLY RAGE (失恋船長)
Reloaded / AL ATKINS (失恋船長)
Vexovoid / PORTAL (netal)
The Thing That Should Not Be / Master of Puppets / METALLICA (MK-OVERDRIVE)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 8件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Livin' on a Prayer / Slippery When Wet / BON JOVI
全ての音をひたむきさに昇華したような超傑作。恐らく50年後に聴いても感動できるだろう。

ANBICION 11 ★★★ (2017-06-25 00:38:41)



今週のアルバム10選

こちらでも企画物としてタイトルが長いアルバム10選行ってみよう‼
①An eye for the main chance byロゼッタ ストーン
②Where groupies killed the blues byルシファーズ フレンド
③Anything worth doing worth is over doing byプリティー メイズ
④Between the devil and the deep blue sea byブラック ストーン チェリー
⑤When the world knows your name byディーコン ブルー
⑥One way ticket to hell...and back byザ ダークネス
⑦Too old to rock'n roll too young to die by ジェスロ タル
⑧Kick off your muddy boots by グレアム エッジ バンド
⑨Kick up the fire and let the flame break through by ザ クーパー テンプル クロース
⑩How I learned to love the boot boys by ジ オトゥールズ

名無し (2017-06-24 21:46:17)



A Searcher's Symphony / ...In the Arms of Decadence / KYRIE ELEISON

この曲はアルバムの目玉とも言える作品です。ミステリアスなオープニングから超ハイトーンヴォーカルで締める終わりまでどこを取ってもメロディが美しいんですが、特に私は長調に転調したサビ部分が好きです。
展開に緩急のあるドラマティックな大作と言えばネオクラシカルメタルではお馴染みですよね。
聴いていてメンバーがリスペクトするというバンド達の名前が脳裏を過りましたが、こういうジャンルの音楽が好きなんだなぁという愛がすごく伝わってきました。

F-sharp ★★★ (2017-06-24 21:39:48)


Garlands / Garlands / COCTEAU TWINS
この曲はさすがにアルバムタイトルナンバーだけに、結構良い出来ですね。
ノイジーだけど、淡々としているサウンドは他の曲と変わらないのですが、メロディーが一番魅力的です。
今、未購入の3枚目以降のアルバムの曲を何曲か少しずつ聴いてみましたが、メタル色が薄れてきたThe Gathelingと似たような感じになっていったようです。
2枚目で見切らないで、追いかけていれば結構好きなバンドになっていたかもしれません。
まあ、今更3枚目以降を集めるのはパスしますがね。(笑)

名無し(2017-06-24 17:57:03)



Holy Rage / HOLY RAGE

アル・アトキンスを支えてきた男達が結成したバンドの1st。主役たるアル・アトキンスの渋いパワフルヴォイスを中心とした、パワー溢れるアグレッシブな正攻法で迫る、ドがつくHM/HRサウンドで勝負。勿論2000年以降のヘヴィロックを無視しておらず、お得意の温故知新だけでは、終わらない作風となっているのが肝でしょう。
どこか聴いた事ある風はご愛敬、ある意味、HM/HRの教科書とも言えるJPを無視しても仕方が無いので、そこは目を瞑り多いの楽しみましょう(潔癖な人にはご立腹でしょう)。でもやりすぎ感に未練でもあるのかと突っ込みを入れたくなるんですがね(笑)。歴史的バンドを不本意な形で追い出されたとも言われるアル・アトキンスですが、俺こそがJPのオリジナルシンガーなんだという威厳ある気合いの入ったパフォーマンスを存分に堪能できる一枚。ソロ作よりもアッパーな楽曲が多いので、こちらの方が取っ付きやすいのかも知れませんね。それにしてもブリティッシュ然としたヘヴィメタルサウンドとアルの歌声は、実に相性が良いですね。

失恋船長 ★★★ (2017-06-24 16:47:43)



Reloaded / AL ATKINS

Judas Priestのシンガーとして活動していたアル・アトキンスのソロアルバム。初期の楽曲には、彼の名前がクレジットされており、その辺りがJPマニアの琴線に触れる存在でしょう。ポール・ディアノ程ではありませんが(あっこまで有名じゃないだけとも言えますね)、相変わらずJP時代の曲を擦る手法のソロアルバムとなります。アルの年季の入ったパワフルヴォイスをが映える重厚な英国産様式美スタイルとも言えるドラマ性の高いヘヴィなミドルナンバーが目白押し、お得意のカヴァーにデモ音源のリメイクなど以外にも、もろJP風味の曲もあったりと、コスい印象は拭えませんが、今回は盟友ポール・メイ以外にもロイ・Zやイアン・ヒルがゲスト参加していたり、マニアとしてはついつい手を出したくなる魅力的なラインナップとなっています。アルの怒気を孕んだ力強い歌声も健在、ロブの声域をフォローできるレンジの広さも見せつける場面もあり、歌い手のしての資質の高さを見せつけていますね。でもJPこすり過ぎだけどね。
ダース・ベイダーのスーツ・アクターを務めていた俳優さんが、秘密漏洩の嫌疑を掛けられ、配役を下ろされたドキュメンタリー映画を見たのですが、何故かアルとポール・ディアノの事を思い出しました。一度辞めた会社に出戻った経験のあるワタクシとしては、素直に頭を下げて許しを請うのが一番だと思わずにはいられません。がんばれアル・アトキンス、Dreamer Deceiverを歌うアルもカッコ良かったよ。

失恋船長 ★★★ (2017-06-24 16:25:14)



Vexovoid / PORTAL

重低音重視でうねるギターとリズム隊が混然となって進むデスメタル。
そのうねりが異常で、異形の生物を想起させるというよりかは、音自体がグロテスクという悍ましさ。
一応ブラストによる疾走とスローの使い分け等、緩急はあるものの、えげつないまでの暗黒性に一部の隙も無く、
良い意味で「単調」であり、それ故に全編に亘って脳を腐食してくる様な感触である。
個人的には、メタル史上最も悍ましいアルバムの一つだと思う。

気に入り度…9.5/10

おすすめ…Kilter

netal ★★★ (2017-06-24 12:20:53)



The Thing That Should Not Be / Master of Puppets / METALLICA
前作のラストと同じく神話ネタの、地味めなスローテューン。ブラックアルバム以降に繋がるヘヴィネスとダークネスが既にあるという意味で、本作においてもあるまじき曲では決してない。

MK-OVERDRIVE ★★ (2017-06-24 08:21:38)